1日数百件のテレアポ営業で、アポイントの獲得以上の収穫を得る!?

100items

当社でもテレアポを散々させているが結果が出ない者がいた。報告を求めると、決まって『申し訳ありません。取れませんでした。』と言ってくる。

私は、謝罪されることに妙な違和感を感じていた。テレアポなんて、ハッキリ言ってほとんどアポなど取れないものと最初からわかっているからだ。謝罪してくるということは、恐らくは、私のテレアポをさせる主旨を理解していないだろうと思い、改めて説明した。この回では、その彼にした説明について、解説しよう。

まず、テレアポしても、私はすぐに取れるとは思っていない。それでは何をしなければならないかというと、まずは『数』である。確率が低いのであれば、数をやるしかない。

そして、もう一つ重要なこととしては『リストを育て上げる』ことである。これは電話をかけた自分しか知り得ないものとなるだろう。

例えば、

  • 夕方に帰ってくる社長のリスト
  • 保険は他社でいっぱい入っている社長リスト
  • ガチャ切りする高齢者リスト
  • 不在者リスト

などである。いきなり電話帳で電話する中で、アポイントをくれる方など、果たして存在するのだろうか?私は基本的には皆無だと思う。

しかしながら、『今でかけているけど夕方に帰ってくる』と言われた会社に、再度電話するなど、一度決裁者に繋がらなかった場合でも、できることはたくさんあるだろう。多くの営業マンは、その時その場で電話がつながらないと諦めてしまうように見える。

ガチャ切りされた人には、二度とかける必要はないだろう。しかし、多くの営業マンは、ここでも、テレアポしようとするときにリストを最初からガンガンかけているように思える。

私であればガチャ切りの会社には一切営業もしない。確かに状況が変わって、アポイントは入るのかもしれないが、また同じ対応食らってしまったら、嫌だし、面倒臭いだろう。

しかし、声のトーンが優しい人や、『全て仲の良い保険屋さんに任せている』と言った方々であればまだまだ諦めるのは早いだろう。私ならば日を置き、また電話する。保険屋の生存率が異常に低いことを知っているからだ。

せっかくテレアポ営業するのだから、電話した自分しか知り得ない、リストに育て上げ、アポイントに繋がりそうな人にかけるといいだろう。

この保険営業の仕事を長期的に考えたときに、行き先が枯渇していき困る人が多い中、きちんとテレアポし、その情報までもきちんと把握し管理できていればテレアポが取れなくても、相手の人を想像できるリストを得ていることとなる。そのリストは、この仕事を長期的に活動しようと思う人には、最高のリストとなるだろう。

当社では、一人一人に寄り添ったサポートで あなたの成功をコミットします!

私は、毎日のお客さまとの触れ合いの中で、「いかにお客様のお役に立てるか」ということを常に考えております。私たちの日々の研鑽による成果は全て、お客様のお役に立つためのものです。日々の研鑽の積み重ねが、お客様からのご紹介の連鎖を生み、私たちを必要として下さる方を増やしていきます。

当社、ライフサポートでは、こういった日々の研鑽ができる環境作りを意識して設立しました。
時代は激変しています。私たちも最先端の情報を捉え、最先端のサービスやノウハウを毎日取り入れて行かなければならないのではないでしょうか。一度しかない人生です。どれだけ自己実現ができるか、挑戦したくはありませんか。

やる気のある貴方であれば、初回無料コンサル行います。
現状の問題点を洗い出し、解決策を導きます。具体的には

・行動管理アドバイス
・トークチェック&トーク提供
・マーケティング
・個別の商談についての相談

その後、もし継続的に希望される場合には
1回のコンサル32,400円
(ただし、1か月の回数無制限サポートプランであれば54,000円)

ただし、当社への入社希望の方であれば無料で承ります。詳しくはこちらへ。
皆様とお会いできる日を楽しみに待っております。

無料相談を希望する

SNSでもご購読できます。