bad_item

昨今の金利低下、マイナス金利突入により預金はもちろん、生命保険の貯蓄性商品は軒並み商品改定をしてきている。
終身保険、養老保険、年金保険、学資保険はもちろんのこと法人向けに提案している長期平準保険や逓増定期保険迄もが利率改悪を余儀なくされ、保険営業マンの大半はその影響を受けざるを得ない状況になっている。

しかしながら、当社の営業マンはその影響は非常に限定的であった。
これからも限定的なのは間違いないだろう。

私はそもそもこの流れになることは誰でも予測可能なことだと思っていた。
予測可能なことにも拘わらず多くの保険営業マンは、予測せずに、状況が悪くなってから慌てふためくのである。

続きを読む